Top > 面接 > 面接時に言われた仕事内容と違う内容が雇用契約書に書いてあった場合

面接時に言われた仕事内容と違う内容が雇用契約書に書いてあった場合

会社に雇用されて働く場合には、雇用に関する全ての要件に関して雇用契約書が結ばれます。この契約書の中には、給料や休日、各種手当てをはじめとした全ての雇用条件や会社におけるさまざまなルールなどが記載されています。面接時に言われた仕事内容と違う内容が雇用契約書に書いてあった場合には、署名と捺印をする前に必ず雇用主に確認する事が重要です。何かしらのトラブルになった場合には、口約束や説明よりも雇用契約書の内容が優先されるため、不安な点は全て確認した上で契約を交わすことが大切になります。

従業員とのトラブルを回避できる雇用契約書のテンプレート販売


面接

関連エントリー
面接時に言われた仕事内容と違う内容が雇用契約書に書いてあった場合面接時に言われた仕事内容と違う内容が雇用契約書に書いてあった場合
カテゴリー
更新履歴
新しい住宅(2021年2月27日)
腋臭の対応で自信を持ちましょう(2020年4月25日)
興味がある二宮和也の筆跡診断(2020年4月14日)
周りの人から頭頂部を見られている気がする(2020年3月 9日)
M字ハゲに何が良いかを検索して調べた(2019年11月12日)